外観完成予想CG

DESIGN
古きを継承し、現代に昇華する

古きを継承し、
現代に昇華する
「都市型レジデンスの
理想形」。

デザインコンセプトは「NIPPORI TRADITION ~古きを継承し、現代に昇華する~」。
繊維街にほど近い環境からテキスタイルの柄をモチーフとしたグレイトーンの外観デザインと、
日本の伝統を感じさせる外構・植栽計画、そしてエントランス空間を設えました。
進化を続ける街で、伝統の精神を纏う、優雅な都市型レジデンスを創り出していきます。

外観完成予想CG

  • ゆとりある二方接道角地、
    約12mの前面道路を抱く開放感。
    さらに、整形の敷地に、
    角住戸率約70%を実現。

    桜並木が続く潤いの日暮里繊維街から一歩奥。閑静な住宅街の「二方接道角地」に誕生します。バルコニー側の全面道路は約12mの離隔が確保され、開放感につつまれています。さらに、恵まれた整形の敷地に、角住戸率約70%を実現。ゆとりある日々をお過ごしいただけます。

  • 現地周辺マップ

  • 角住戸率約70

    ※販売対象住戸20戸中14戸

  • 柱・梁の凹凸が室内にない

    アウトフレーム工法

  • 前面建物まで

    12m 以上の
    離隔を確保

桜並木が続く潤いの日暮里繊維街から一歩奥。閑静な住宅街の「二方接道角地」に誕生します。バルコニー側の全面道路は約12mの離隔が確保され、開放感につつまれています。さらに、恵まれた整形の敷地に、角住戸率約70%を実現。ゆとりある日々をお過ごしいただけます。

  • 株式会社ウイ・アンド・エフヴィジョン
    代表取締役/デザイン監修

    石倉 雅俊 氏

Designer Profile

土地の特性を知り、
日暮里に相応しき
個性を表現。

集合住宅の外観や共用部はもちろん、インテリアデザイン等まで幅広く手がける「ウイ・アンド・エフ ヴィジョン」がデザインを監修。自由な未来図を意味する社名の通り、生活の中で培われた文化を基盤に、真に人の手や心、周辺環境に馴染む新しい生活スタイルの創造を提案している。受賞に、グッドデザイン賞(2017,2004)、緑の都市賞国土交通大臣賞(2004)、東京建築賞 奨励賞(2003)、日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞(2002)、日本サインデザイン協会第27回SDA賞(1993)がある。

  • テキスタイルの柄を
    モチーフに、
    上質なタイルや御影石を
    折り重ねた伝統美。

    グレイトーンを基調に、日本の伝統色を感じさせるマテリアルを厳選。テキスタイルのように折り重なる造形は、上質感を漂わせ、優雅な印象を行き交う人々へ抱かせます。

  • マテリアル写真

    グレイトーンを基調に、日本の伝統色を感じさせるマテリアルを厳選。テキスタイルのように折り重なる造形は、上質感を漂わせ、優雅な印象を行き交う人々へ抱かせます。

日本の伝統美を深めていく、気品に満ちた花木を植栽。
帰り着く方々のこころに、深い安堵と癒しを提供します。

敷地の顔となるコーナー部分や、住む方を迎えるエントランス空間に、日本の伝統美を感じさせる
多様な花木を植栽。シデコブシやソヨゴ・ハラシマ、ハウチワカエデ、ヤマボウシ、シャクナゲなど、
四季を通して彩りを感じていただけます。

  • シデコブシ

  • ヤマボウシ

  • ハウチワカエデ

  • シャクナゲ

  • ホルトノキ

  • ホルトノキ

  • マホニア

  • ツワブキ

  • ソヨゴ

  • クリスマスローズ

  • ジュニペルス

※掲載の外観完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色味等は実際と異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。また、電柱・電線・周辺建物等は簡略化しております。植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定して描いております。
※掲載の現地周辺マップは、周辺の立地を描き起こしたものに基準階(3~5階)平面図及び敷地配置図を合成したものです。設計段階のもので、今後変更となる場合がございます。また、地形・建物の大きさ・位置・スケールは実際と異なる場合があります。周辺の建物・道路等は省略・簡略化しております。
※掲載のマテリアル写真の色合い等は、写真撮影したもので実際とは多少異なります。また採用素材は施工上の都合により、変更になる場合があります。
※植栽写真は参考写真です。